事業再生方針・計画の策定支援

多くの事業再生計画作成実績を持つスタッフによる支援

過大な資産や負債は、変化の激しい経済環境の中で機動的な経営の阻害要因となります。策定が最も困難だと考えられる再生局面における債権者(金融機関)向けのリストラクチャリングを含んだ事業計画を作成します。

適切なスタッフィングのもとで企業の財務状況・実態を把握し、窮境原因の除去プランを考慮した再建計画を作成し、モニタリングを通じて計画実現に向けたコンサルティングを実施します。税理士・コンサルタントが利益計画・資金繰表・決算書・税務申告書など再生に必要な資料の作成・指導を行います。



金融機関交渉の利害調整支援

金融機関への同行訪問により適切に報告

事業再生計画作成だけでは金融機関は、納得しません。事業再生計画の進捗状況をきちんと四半期ごとに報告することにより、金融機関の信頼を回復させることが非常に重要になります。

経営者と金融機関への同行訪問を実施することにより事業再生計画の説明はもちろん、四半期ごとの計画に対する推進実績状況の説明もサポートいたします。