短期経営計画の策定

経営者の1年間の意思表明を明確化

経営計画は社長の意思表明です。会社を成長発展させる、あるいは倒産させないためにも、どのような舵取りをするかを決め、その方向性を経営計画として明確に打ち出すことが必要です。それにより、社員には目標とそれを達成するために何をしたらよいかが明確になり、社員のやる気も引き出すことが可能になります。

短期経営計画も中期経営計画の作成と同様、1日で作成できるような仕組みになっております。税理士・コンサルタントが企業の業種・業態に即した売上高・限界利益計画、固定費計画、投資計画をサポートします。また、部門別・個人別計画への落とし込みを行い、実績との検討可能な計画作りをサポートします。

短期経営計画書サンプル サンプルはこちら


モニタリング

目標の共有化とP(計画)D(実行)C(検証)A(対策)サイクルの確立が鍵

せっかく作った経営計画も社員と共有し、実績と計画との差異を検討していかなければ「絵に描いた餅」となってしまいます。そうならないためにもきちんと「経営計画発表会」を行い、定期的に「業績検討会」を実行することをお勧めいたします。

「経営計画発表会」による社員全員の目標の共有化から、タイムリーな「業績検討会」による実績と計画の差異分析を通じての対策立案までを社内に定着させるために経営者と一緒に業績管理体制の構築を図っていきます。また、社員のモチベーションを持続させる仕組み(報奨制度)の構築の支援もご要望に応じて取り入れていきます。

業績検討会報告書サンプル サンプルはこちら