コロナ感染症「みなし入院」取扱い変更のお知らせ

拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 新型コロナウイルス感染症における「医師の管理下」に基づく自宅等での療養に関する保険金のお支払いについて、下記のとおりといたしますので、ご確認ください。
末筆ではございますが、お客さまの今後益々のご繁栄を心から祈念申し上げます。

敬具

1.内容

  医師に「新型コロナウイルス感染症」と診断された日が2022年9月26日以降の場合、宿泊施設・自宅での療養を「入院」とみなして保険金をお支払いする取扱いの対象を「重症化リスクの高い方(※)」とします。

  (※)以下の方をいいます。

・65歳以上の方
・入院を要する方
・重症化リスクがあり、新型コロナ治療薬の投与または新型コロナ罹患により酸素投与が必要な方
・妊婦

<「入院」とみなす適用範囲 イメージ図>

2.対象のご契約

疾病や特定感染症を補償する商品
(注)現在のお引受条件は、保険証券・加入者証等でご確認ください。

 

3.背景

・当社の保険約款において「入院」の定義は、「自宅等での治療が困難なため、病院または診療所に入り、常に医師の管理下において治療に専念すること」等としており、これらの条件を全て満たすことによって入院保険金をお支払いすることになっています。

・新型コロナウイルス感染症の拡大を受け2020年4月以降は、病院への入院が必要であるにもかかわらず、病床ひっ迫等の事情により入院することができないお客さまに対する特別措置として、宿泊施設や自宅での療養が行われた場合についても、「入院」とみなし、保険金をお支払いしてきました。これは保険約款の「入院」の定義には該当しないものの、感染症法上は入院勧告・措置の対象であること、保健所等で健康観察が行われること等を踏まえ、お客さま保護の観点から時限的措置として開始したものです。

・その後、新型コロナウイルスの感染者数が急速に増加する中で、重症者の割合はこれまでと比べて低い水準となり、入院による治療を必要としない軽症者・無症状者の割合は高まっています。

・このような状況の中、政府は新型コロナウイルス感染症に係る発生届の範囲を、2022年9月26日以降、全国一律に、重症化リスクの高い方に限定することとしました。

・こうした状況変化を踏まえ、発生届の対象とならない方における入院の必要性や今般の政府における措置等に鑑み、2022年9月26日以降の「みなし入院」の適用範囲について、上記のとおりとします。

 

ご不明な点等ございましたら、お問い合わせ先までご相談ください。

以上

■引受保険会社

損害保険ジャパン株式会社
岐阜中央支店 岐阜第二支社

TEL:058-266-1606
<受付時間>平日:午前9時から午後5時まで

■お問い合わせ先

株式会社 NEXT岐阜
岐阜市本荘中ノ町1-1

TEL:058-275-3555

- グループ会社リンク -